あなたのために存在する理不尽な上司

振り回される自分でお悩みのようですが、その振り幅というのは言わば土台作りには必
要なことだと僕は思います。中には天才的に若い頃からどっしり自分の生き方を持ってい
る人もおりますが、多くの方は若い頃に先輩の無茶振りや、その時は理解できない多くの
ことで成長するんだと思います。

 
 
 これ以降語る内容はけっして正解ではありませんが、僕が経験したことで「確かにそう
だな、、、」と感じたことをお伝えします。簡単に言うと方法や道具にだけこだわると固定観
念で迷子になることです。
 「守破離」ってご存知ですか?(ウィキペディア参照)
 まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、
自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した
型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることが
できる。
 武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、
武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができ
る。
*    守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
*    破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
*    離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。
 まだ2年目のトリマーさんだと「守」の途中なのかもしれませんね。このようにある程
度伝統あるお店には必ず先輩がいますよね。最近だといきなり一人で開業されるトリマー
さんも多いので先輩から教わることなく始める方もおるので、面倒な時もあるかもしれま
せんが、長い人生の中ではたいへん貴重なひと時だと思いませんか?
 つまり自分が何のためにトリマーになったのか?というスタート意識を名確に持ち、そ
して自分はどんなトリマーになりたいのか?というゴール設定をイメージすることが大切
です。スタートとゴールが1本につながる軸こそがぶれない心になるのです。その軸を持
ちながら学校の教えや情報での知識も増やしながら、目の前の先輩の教えをどんどんやっ
てみるのです。先輩がこれ以上教えることないと思わせるくらい、いつも言われることの
先回りで圧倒するのです。
 すると次に現れるステージが「破」なんです。先輩や経営者はこの段階に来たあなたの
存在感をもっと感じることでしょう。今までの経験や新たな情報をどんどんチャレンジす
るのです。そして予め最初からうまく行かないことを想定し、トライ&エラーで回りなが
ら改善と前進を繰り返していきます。こう考えると、お店に在籍しながら様々なチャレン
ジが無料(実際はお給料ももらえます)でできるなんて素敵ですよね。(^^♪
 さあいよいよ「離」のステージがあなたを待っています。ここまでお店を牽引して来た
あなただけに、おそらく経営者の方はあなたを引き留めるかもしれません。つまりこれも
人生の選択肢が増えるので、あなたに交渉権が与えられるのです。そのまま在籍される道
ならば、おそらく所得の交渉も可能でしょう。そこでもっと稼ぎたいと思うのならば独立
という選択も十分可能です。
 このステージに近づいた頃から経営者と少しづつ将来を話し合うことをお勧めします。
恨みを買うようなお別れは互いに損な関係になります。独立してからもつながり応援して
もらう関係こそ最幸のスタイルだと思いませんか?
 
 話は戻りますが、振り回されていると他人のせいにせず、自分の土台作りのために必要
な時間なんだと考えてみましょう。すると様々な情報や先輩からの指摘は、すべてあなた
のためのアドバイスに聞こえます。
 
 何かの氣づきになって頂けたのなら嬉しいです。またその後の感想をお待ちしておりま
す。m(__)m