5月23日「失敗しないトリミング料金の値上げ」氣づき編&即効果編in東京

4月4日 トリミング料金このままだとどうなるの? in東京

詳細はこちらをご覧ください。  http://backtobasics.jp/1804seminar

 

<氣づき編>

戦後まもなくして日本に洋犬ブームがやってきて、その当時日本にトリマーはほとんどおらず、そのためコッカースパニエルのトリミング料金は現在の3万円位の価値があったとか、、、またその頃ハサミよりバリカン(手バリカン)の方が高かったそうです。今とは逆ですよね。日本のトリミング文化はまだ100年もありません。せいぜい60年位でしょう。その中で犬の頭数や犬種ブームの変化はなかなか激しいものがあります。そしてここ20年位テディベアカットの可愛さと抜けない毛質が日本人のニーズにピタッとハマリ、全国ペットサロンに来店される犬種のほとんどがプードルや抜けない毛質犬種です。するとそこで派生する問題や、社会的問題も変化してきました。

しかしあまり変化していないのはペットのトリミング習慣とその料金です。このことにまずは氣づき、そして変化に対応できるよう我々も一手打ってみませんか?

 

<即効果編>

各地のお店で結果が出た値上げ方法を基に、翌日から始められるトリミングアプローチと料金の設定方法を一緒に組み立てます。この方法は大切なお客様には嫌われることなく、何よりもワンコとトリマーを守ってあげることにもつながります。

あとはあなたの行動ただ一つです。